R18頒布物

  • HOME »
  • R18頒布物

成人向け頒布物について

イベントサイドでの年齢確認は行いません。サークルサイドにて、誠実な対応をお願いします


 

成人向け頒布物について

成人向け(以下「R18」と当イベントでは定義)の本、電子メディアを頒布する場合は、以下にご注意ください
★開催地の「大阪府青少年健全育成条例」に違反しないものを頒布すること
→参考:大阪府青少年健全育成条例(PDF)

■補足
★表現内容に「性・暴力・自殺・薬物」などを多く含む作品のことを、R18とします
★相手が、18歳以上であれば頒布することは可能です
★18歳であっても、高校生への頒布はできません(多くの学校が、校則で閲覧所持を禁止しているため)


 

年齢確認可能な書類

これは当イベントが独自に定めるものですが、他イベントであっても、一般的に公的機関の発行した顔写真付きのものが望ましいようです

■可能な書類
★免許証、パスポート、学生証、各種障害者手帳、住基カード、保険証
★顔写真入りを推奨します
★基本的に、公的機関の発行した1枚で年齢が確認できるものに限ります
★期限が切れているものでも、使用できます

■補足
★保険証は同名義のクレジットカード、もしくは年金手帳など、2枚での確認となります
taspoは使用不可です
★R18頒布物の頒布や購入がない場合、年齢確認の必要はありません


 

R18頒布物の修正について

★執筆者サイドも、読み手サイドも、R18作品に対する認識を積極的に持つようにしてください
★会場内をスタッフが巡回します。当イベントでの修正チェックポイントと、開催地の「東京都青少年の健全な育成に関する条例」をご確認ください
★以下の「修正チェックポイント」は当イベントが定めるものです。当イベントで頒布できたからといって、ほかのイベントでも同様に頒布できるかどうかを保証するものではありません。常に新しい情報を、ご自身でも積極的に入手するようにしてください
★参考:東京都青少年の健全な育成に関する条例(PDF)

■修正チェックポイント
1:性器描写
★男性器(亀頭部分、竿の境目のクビレ、竿部分など)は、白もしくは黒で、しっかりと「太く」、竿に対して水平に修正する
→線ではなく「面」で塗りつぶしてあることが望ましいです
★性器のシワなどハッキリ描かれている場合は、シワ部分はあまり見えないように修正する
→細い線などでの修正は、修正処理をしたと判断をしにくいためです。だれが見ても「修正してある」と分かるような太さで、修正するようにしてください
★モザイク処理をされている場合は、大きなピクセルでぼかしていること
→細かいピクセルの処理の場合、未修正と変わりません。線画が分かりにくく、だれが見ても「修正してある」と分かるような状態にしてください
★包茎状態でも、修正を必要とする
★衣服や布などで隠しているが、性器のかたちが見えている場合は、性器描写と見なす
★女性器の展開図(いわゆる「くぱぁ」)は、3本以上の太い線で消す
★女性器のクリトリスは、白もしくは黒で消す
→女性器も、線ではなく「面」で塗りつぶしてあることが望ましいです
2:結合描写
★アナル自体は性器ではないが、性行為の部位として結合している場合は、性器と見なして修正が必要
→ストーリーの前後によっては、結合時以外でも修正が必要です
★体液などで誤魔化している場合も、程度によっては修正が必要

■補足
「修正する意思がある」と見えることが、なによりも重要です
★2013年冬コミ以降、印刷所に入稿して印刷された同人誌などは、印刷所のほうでまず修正確認を行っていますので、頒布停止のお願いをすることはほとんどないかと思います。しかし、それ以前に発行した既刊などの頒布物や、第三者の確認がないコピー本などの修正については、再度修正が適切かどうか、ご確認ください
★修正内容に不安がある場合は、サンプル画像等を当イベントあてにメールにてお送りください

PCより、3日から1週間程度で返信しています

PAGETOP
Copyright © 【MARVEL ASSEMBLE!!】 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.